WindowsでCDリッピングしてALACエンコードする環境を作る(メモ)

おニューのMBPにiTunes母艦を移行してしばらくたって、久々にCDを買ったとき、はたと気がつく。「MBP13″に光学ドライブついてないじゃねーか!」

だからと言って、そのためだけにWindows機にiTunes入れ直すのも業腹なので、他の手段でALACを作る環境を作ったのでメモ。

面倒なので日本語化とかはしてません。

Exact Audio Copy のインストール

エラー訂正とカスタマイズの細かさに定評のあるCDリッパー。CUE Sheet作れたりするのでなにかに使えるかもしれない。

http://www.exactaudiocopy.de/

こちらからダウンロードしてインストールする。ダウンロードボタン偽装広告が多いので注意だ。

QAACのインストール

EAPは公式にはALACには対応していないけど、外部エンコーダーを設定して呼び出せるので、CLIなエンコードツールさえあればどんなフォーマットでも出力できる。

ということでフリーのAAC/ALACエンコーダであるところのQAACエンコーダーをダウンロードする。

https://sites.google.com/site/qaacpage/home

インストーラのないポータブルアプリなので、解凍して「x64」以下のexeとdllを適当なフォルダへ放り込んでおく。

EACのエンコーダ設定

EACを起動し、メニューの「EAC」→「Encode option」を選択。

「Parameter passing scheme」を「User defined encoder」に設定。
「Program, including path」にQAACの qaac.exe の絶対パスを入力
「Additional command line options」に以下を入力

--alac -o %dest% --title "%title%" --artist "%artist%" --album "%albumtitle%" --comment "%comment%" --genre "%genre%" --date "%year%" --track "%tracknr%" --composer "%composer%" --artwork "%coverfile%" "%source%"

Player (VUPlayer) のインストールとGracenoteCDDBの有効化

とりあえずリッピングしてALAC作るだけなら上記でOKだけど、EACがメタデータを取ってくるCDDBは情報量がイマイチなので、うまく取れなかったときのためにGracenoteCDDBからデータを取れるCDプレーヤーアプリを入れておく。

http://www.vuplayer.com/

こちらから「Player」をダウンロードしてインストール。

一度、管理者モードで起動して、メニューから「File」→「Gracenote」→「Registration」
利用規約を確認してAgreeする。

さらに、メニューから「File」→「Option」で「Update cdplayer.ini automatically」にチェックを入れて「OK」をクリックする。

Playerからのメタデータ取得とEACへの連携

Playerを起動しCDを読み込むと、Gracenoteからメタデータを取得し、裏でcdplayer.iniに書き込む。ここで一旦Playerを終了する。

その後、EACのDatabaseメニューからcdplayer.iniを読み込む。