片山さつき議員もそうだけど、フジテレビ批判の焦点を「韓ドラ・K-POP推し」に合わせているうちは、大多数の支持を得ることは難しいんじゃないだろうか。「電波は公共物なんだから他国コンテンツで埋めるな」というのは、主張としては弱い気がする。所詮民間企業だしなあ。

本当に追求すべきなのは「韓日戦」表記に象徴される報道・スポーツにおける不可解な韓国推しと、流行ってないものを流行ってるように見せかける一種の捏造行為ではないの?

特に後者は、韓国じゃなければOKという話ではなくて、これまでの悪習を正すいい機会じゃないだろうか。